注文住宅で防音室を作りたい!工事費用や注意点など解説

公開日:2023/09/15 最終更新日:2023/09/06

音楽や映画鑑賞を楽しむ際、自由に音を出すためには防音室が便利です。通常の居室とは異なり、防音対策が必要なため、建築時に特別な工事が必要です。本記事では、防音室について詳しく解説し、一戸建ての注文住宅に防音室を建てる際の費用や注意点についてお伝えします。音楽や映画鑑賞をより楽しむために、防音室の設置はおすすめです。

防音室とは?

防音室は、室外への音の伝わりを防ぐことを目的につくられた、防音性の高い部屋のことを指します。この特性から、楽器演奏や映画鑑賞などの用途で広く使用されています。

音の伝搬には2種類あり、空気伝搬と固体伝搬があります。防音室は、これらの両方を防ぐ浮き構造によって高い防音性能を提供します。

防音室はどんな構造?

防音室には、組立式防音室とフルオーダー式防音室の2種類があります。組立式防音室は、1畳ほどのスペースがあれば設置でき、一室を丸ごと防音室にするフルオーダー式防音室は、新築時に建設することができます。

フルオーダー式の防音室は、楽器や音源の音圧レベルに合わせた特殊工法の設計と、遮音ドアや遮音ガラスなどの建材の選定が含まれます。用途や防音性能に応じて最適な構造を選ぶことが重要です。

遮音等級と防音室

防音室の性能を評価する際に重要な指標の一つが遮音等級です。遮音等級は、隣り合う部屋同士の遮音性能を示す値で、DまたはDrで表されます。

遮音等級は、音の大きさを示すデシベル単位で表す音圧レベルと密接に関連しています。音圧レベルが大きいほど、遮音等級も高くする必要があります。

遮音等級の設定は、用途や好みによって異なります。ピアノ用の防音室ではD-55から60、打楽器用ではD-65から70が目安とされています。

適切な遮音等級を設定するためには、音の周波数特性や建材の厚み、防振性能などを考慮し、正確な工事を行う必要があります。

一戸建てに防音室を作る際に必要な費用はいくら?

一戸建てに防音室を設置する場合の費用について、詳しく説明します。まず、防音室の費用はいくつかの要因によって異なります。以下は、その要因と一般的な価格の目安です。

用途

防音室の用途によって費用が変動します。音楽の演奏や録音、楽器の練習、映画鑑賞、ホームシアターなど、目的に応じて必要な防音性能が異なります。

防音性能

防音室の遮音性能が高ければ高いほど、費用も増加します。遮音等級(DまたはDr)が高い防音室は、周囲の音をほとんど遮断できるため、高価です。一般的な遮音等級であれば、費用は抑えられることがあります。

設備・仕様

防音室に設置する設備や仕様によっても費用が変わります。例えば、特殊な防音材の使用、遮音ドアや遮音窓の設置、空調システム、照明など、防音室の快適さや機能性を高めるために追加の費用がかかります。

広さ

防音室の広さも費用に影響します。広いスペースを必要とする場合、材料や工事の量が増え、費用も上がります。

施工会社

施工会社によって価格設定が異なります。複数の施工会社から見積もりを取り、価格と品質を比較検討することが大切です。

具体的な価格の目安として、坪あたり100万円〜、6畳で250万円〜が相場となります。ただし、これは一般的な目安であり、防音室の用途や要件によって変動します。

建築時に防音室を同時に設計・施工することで、コストを抑えることも可能です。また、予算に合わせて防音性能を調整することも考慮できます。

最終的な費用を決定する前に、防音室の具体的な要件と予算を検討し、専門家や施工会社と協力して最適なプランを立てることが重要です。

防音室を建てる際の注意点

防音室を建てる際には、以下の重要な注意点を考慮することが大切です。

用途を明確にし、設計を決定する

防音室の最初のステップは、その用途を明確にすることです。音楽の演奏、録音、映画鑑賞、ホームシアターなど、用途に応じて必要な防音性能や設備が異なります。用途に合わせて部屋のレイアウトや設計を検討し、計画を練りましょう。

防音性能と開放感を両立させる建具の選択

防音室内の建具(防音ドア、遮音窓など)の選択は重要です。音を遮断する役割を果たす一方で、開放感を損なわないデザインや材料を選ぶことが必要です。これにより、快適で魅力的な空間を実現できます。

独自の換気経路を設計する

防音室内での換気は重要ですが、通常の換気設備を防音することは難しい場合があります。そのため、防音室には独自の換気経路を設計することが必要です。これにより、新鮮な空気の供給と二酸化炭素の排出を確保し、長時間の利用でも快適さを維持できます。

2階に防音室を建てる場合、重量と搬入経路に注意

2階に防音室を建てる場合、防音室は重量があるため、建物の構造上の補強や適切な搬入経路の確保が必要です。これにより、安全かつ効率的な施工が可能となります。

エアコンの設置を検討

防音室内の快適な環境を確保するために、暑さや寒さに対処できるエアコンの設置を検討しましょう。適切な温度と湿度を維持することで、使用時の快適さが向上します。

インターホンの設計

防音室内での安全性を確保するために、インターホンの呼び出しを確認できるように設計しましょう。設計段階でインターホンの配置や音声通信を考慮することが重要です。

これらの注意点を遵守しながら、理想的な防音室を計画・建設しましょう。

まとめ

一戸建てに防音室を設置する際、用途明確化、遮音性能と開放感の両立、独自の換気経路、2階建てへの対応、エアコン検討、インターホン設計など重要な注意点を考慮する必要があります。

用途に応じた計画と建具選び、換気経路の設計、構造的な補強、快適な温度環境の検討、安全性を確保する設計が必要です。これらを遵守し、理想的な防音室を実現できます。

おすすめ関連記事

【仙台】住まいの相談窓口
おすすめ7選!

新着記事

その他の仙台の相談窓口をご紹介!

その他の住まいの相談窓口一覧

おすすめの注文住宅メーカーをご紹介!

注文住宅メーカー一覧

  • アイ工務店
  • 北洲ハウジング
    仙台支店 〒981-3341 宮城県富谷市成田9丁目2-2
    TEL 022-348-3451
    営業時間 8:45~17:45
    詳細はこちら
  • 桧家住宅
    エコノハ展示場 宮城県仙台市宮城野区中野3-7-2
    TEL 022-355-9783
    定休日 火・水曜日
    詳細はこちら
  • 東北ミサワホーム
    本社 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目3番1号TMビル8F
    TEL 022-706-0330/0120-727-330
    詳細はこちら
  • 土屋ホーム仙台支店
    住所 宮城県仙台市若林区卸町2丁目1-4 卸町イーストンビル3F
    TEL 022-788-2411
    詳細はこちら
仙台のおすすめを徹底比較!

住まいの相談窓口 一覧比較表

イメージ
サービス名おうちの相談窓口仙台スーモカウンター建てる窓口アウカ家づくりのとびらおうちの買い方相談室仙台すまい相談窓口
特徴ライフプランニングや住宅ローンの相談も可能安心して建築できるように2つの保証を用意ネット公開前の土地情報も紹介オンラインですべて完結オンライン相談サービスとプラン作成サービスを提供ファイナンシャルプランナーが対応有料で専門家に相談も可能
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら